読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝って兜の緒を締める

考えたことなど日々の記録をば

ニヒルな感じ

僕は大学の寮に住んでいるのですが,1年生だった頃にいた大学院2年の先輩が

寺山修司が大好きでした.

なぜそこまではまったのか詳しいこと聞いていないのですが,色々と問題があった

みたいで,そんな時に寺山修司と出会ったみたいです.

僕もその先輩の影響を受けて寺山氏の本を読みました.

こんな考え方を持っている人が昔にいたなんてと驚きました.

特に,『死んでみたいと思うことが,悪いという風潮なんておかしい』

と書いてあったことが印象的です.

確かに人は死ということは,死ぬまで分からないので恐い存在です.

かつ,分からないことであるがゆえに興味がある.

普通の人は恐いという要素の方が強いので,寺山氏みたいな発想はしないと思います.

もし死ぬ時が分かっているとしたら,人間はどんな風に過ごすのでしょうか.

皆さまなら,どんな毎日を過ごしますか.